追加

ライターはどうやってなるの?ライターが副業でオススメな理由を解説

2021年12月21日

ライターはどうやってなるの?ライターが副業でオススメな理由を解説

副業に手が出しやすい世の中となり、多くの方が副業に挑戦しだしています。

その副業の中でも人気が高いのがライターです。

ライターは文章を作成して報酬がもらえると言う手軽さと、誰でもできると言う点が人気の秘訣でしょう。

それでは、ライターはどうやってなるのか、そしてライターが副業でオススメな理由を改正します。

ぜひ参考にしてください。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

ライターのなり方

そもそもライターとは、取材や資料による情報収集を行い、書籍、雑誌、WEBなどに記事を書く仕事です。

そんなライターへのなり方は、特に明確なもの、資格などはありません。

よってクライアントからライターの仕事を受け、提出した経験がある方がライターを名乗って良いでしょう。

しかし、一回だけ仕事を受けてライターと名乗るのもおかしい話なので、ライターの仕事の経験があり、仕事を継続受注している方こそライターと呼んでも良さそうです。

ライターの仕事内容とは

ライターの仕事は取材や資料の情報収集、そして記事にすることが仕事ですが、分類化すると幾つかに分けることができます。

それらを簡単に解説します。

記事作成

クライアントからの依頼を元に記事を作成します。

記事作成にはクライアントごとにルール化されていることが多いので、しっかりと把握して記事作成に挑みましょう。

取材やインタビュー

掲載する記事の内容をまとめるために取材や情報収集することもライターの仕事です。

編集業務

記事作成だけでなく、写真や文字の配列、全体的な構成を検討するのもライターの仕事です。

ページを丸ごと作成する人がいるので、データーの取り扱いには注意しましょう。

 

ライターの仕事の流れ

ライターの仕事はクライアントから受注されるにあたり気を付けるべき点があります。

WEBライティングの場合

WEBライティングの場合、クライアントからルールを教えてもらう、もしくはマニュアルを渡されます。

記事作成の前にそのルールをしっかりと押さえ、記事作成に進まなければなりません。

誤字脱字はもちろんですが、決まったルールを元に記事作成されることを求められているので、ルールは必ず守りましょう。

雑誌編集などの記事作成の場合

雑誌などの記事作成を担当する場合、出版社などのクライアントからの依頼を受ける形となります。

取材などが必要な場合は、クライアントと一緒に現地に向かいます。

インタビュー内容をまとめる必要もあるので、現場の様子を写真におさめたり、メモしたりして帰宅後に記事としてまとめることとなります。

また取材が必要ない場合は情報収集して記事作成するケースもあります。

 

ライターが副業でオススメな理由

ライターが副業でオススメな理由は文章をかけルールを守れる人であれば誰でも挑戦できる仕事だからです。

文章自体も心得るポイントとしては中学生でも理解しやすい、わかりやすい文章さえ押さえれば問題ありません。

ライターは手軽に始めれて確実に報酬につながることがメリットでしょう。

しかし、ライターも取材が必要だったり、専門知識が必要なお仕事はあります。

やはりそれらは高収入となるので、ライターの仕事が慣れたころに挑戦したいものですよね。



ライターはどうやってなるの?ライターが副業でオススメな理由を解説のまとめ

今回は、ライターは誰でもなれる、そして手軽で確実に報酬につながるのでオススメだと解説させて頂きました。

ライターは続けることで文章力が磨かれ、その展開としてセールスライティング、ブログ、アフィリエイトなど幅広く挑戦できる分野も広がります。

副業の最初の取っ掛かりとして、挑戦するのもいいかもしれませんね。

この記事が参考になれば幸いです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村