追加

WEBライターの仕事で文字単価を上げていく方法を解説

2021年12月22日

WEBライターの仕事で文字単価を上げていく方法を解説

副業が世の中で注目が集まる中、時間を選ばす、手軽に始められるWEBライターの仕事に注目が集まっています。

クラウドソーシングなどで仕事を受注するが、なかなか文字単価1円を上回ることができないライターも多いのではないでしょうか。

果たして、どうすれば文字単価が2円、3円と増やすことができるのか。

今回はこの問題について解説していきます。

今回の記事が参考になれば幸いです。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」


WEBライターの仕事における収入の考え方

WEBライターは仕事を受注する際にどのような契約体制か、報酬のお話を先行して決めます。いくつか解説します。

文字単価

WEBライターにおける文字単価は単純に1文字何円かと言う指標で報酬が計算されます。

例えば1文字2円の記事で5000文字かけば10,000円となります。

文字単価が何円なのかで、仕事の報酬が安いのか、高いのかの指標となります。

文字単価の相場観を記載するので、参考にしてください。

◆一般的な文字単価の相場観

未経験:0.1~1円

初心者:1~3円

中級者:3~15円

上級者:15~20円

有名 :100円以上

記事単価

WEBライターにおける記事単価は1記事3,000円など最初に設定されており、たいてい文字数も決められています。

この場合は報酬を文字数で割って、文字単価がいくらか算出した上、仕事を行うかどうか決めるようにしましょう。

文字単価を計算して1円を下回っていたら割に合わないなどの判断材料となります。

 

文字単価を上げる方法

それではWEBライターにおける文字単価を上げるにはどのようにすれば良いかのポイントを解説します。

WEBライターとしての能力を高める

大前提の話となりますが、文字単価を上げていくにはWEBライターとしての技術や経験はしっかりと積んでいるものということが前提となります。

クラウドソーシングでは初心者の場合、1円を切る低価格でしか仕事を受注できません。

しかし、WEBライターの仕事を学びながら報酬をもらえるのだから、しっかりと技術力や能力を高めましょう。

受注する仕事は高い報酬の記事作成に絞る

文字単価を上げていくには単純に高い報酬のモノに絞って記事作成をすることが大切です。

安い記事作成は初心者の時だけで問題なく、慣れてくれば1円以上の文字単価のものをどんどんと経験していくことをオススメします。

専門性が高い知識や経験が必要な記事作成に絞る

WEBライターの記事作成における報酬は専門性が高いものほど、報酬が格段に上がります。

例えば下記が相場となります。

◆文字単価の相場通常のテーマ:0.5~2円

専門性が高いテーマ:1~5円

インタビュー記事:2~5円

文字単価はWEBライターとしてのレベルが上がったり、専門性が高まることで上がっていくことがわかります。

受注する仕事内容によっては価格交渉を行う

ある程度専門性が高く、記事の構成から作成し、記事に写真を添付する仕事の場合、文字単価が5円は想定できる内容となります。

しかし、クライアントの中には2円、3円と少しでも安く受注しようとする方もいらっしゃいます。

それを避けるには自分の中で記事の構成は+1円、画像の添付は+1円など、しっかりとした指標をもって、価格がおかしい場合は値上げを行うように心がけましょう。

WEBライターの仕事で文字単価を上げていく方法を解説のまとめ

今回はWEBライターの仕事で文字単価をいかに上げるかの方法について解説しました。

文字単価を上げるポイントを振り返ります。

 

  • WEBライターとしての能力を挙げる
  • 文字単価が高い仕事を受注するようにする
  • 専門性の高い仕事を受注する
  • 価格交渉を行う

 

まずはWEBライターとしての能力を高めて、少しでも文字単価を上げていきましょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村