副業はやっても大丈夫?会社にバレない副業を行う方法

2021年10月19日

副業はやっても大丈夫?会社にバレない副業を行う方法

近年、副業を認める会社が多くなってきたこともあり、副業に挑戦する方が増えています。

それは収入を少しでも稼ぎたい、副業を通して自分のスキルや可能性を高めたいなど、想いは人それぞれです。

でも、本当に副業ってやっても大丈夫なのかなと悩む方も少なくないようです。

その理由として会社に副業がバレることで、立場が悪くなる、また出世に響くなど、影響があるのではないかと悪い方向に考えてしまうことでしょう。

基本的にはそのような不当な対応はされないと考えますが、副業は会社にバレないことが一番です。

今回は会社にバレずに副業を行う方法を解説します。

副業とは

本業以外の仕事で収入を得るために仕事をすることを副業と言います。

別の呼び方だと兼業やサイドビジネスと呼ばれることもあるでしょう。

副業の範囲としてはアルバイトから転売、投資、ライティングや今はやりのウーバーイーツもその中に入ります。個人で起業して収入が入れば、これも副業の範囲に含まれます。

 

副業を認める会社について

国の施策で副業解禁となっていく中、副業を許可する企業が増えてきています。

国の施策の流れに乗ること自体が目的でもありますが、副業を許可することで社員のスキルアップ、プライベートの充実を図ることが狙いでしょう。

もちろん、副業を行うことで本業がおろそかになる、会社の情報が漏洩するなどの危険もとなり合わせです。そのような事実がある中でも副業を許可する会社が増えているのは、メリット部分の期待が大きいからだと言えるでしょう。

 

副業をやるメリット

副業をやるメリットはやはり、本業以外での収入源を確保できることです。お小遣い稼ぎをして、少し贅沢をすることで日頃のストレス発散、仕事のモチベーションアップにつながるでしょう。また将来の大きな収入源の確保を目指すためにやっている人もいます。老後に大きな資金を確保しないと不安が残るため、行動に移す方も多いでしょう、

その他に、副業を自分のスキルアップを目標として実行する方もいます。副業で培ったスキルを本業で活かすことももちろんできます。そう考えるメリット部分の効果は非常に大きいですよね。

 

副業をやるデメリット

副業をやるデメリットとしては、本業プラスαで仕事をすることなので、精神的、もしくは肉体的に負荷が生じることは間違いありません。

中には本業に悪営業が及ぶ場合もあります。例えば、副業が忙しくて本業に身が入らないなんてこともあるかもしれません。

副業をやる場合は自分の体力、精神力が本当に問題がないかなど最悪の事態を想定しましょう。

 

会社にバレずに副業をやる方法

副業を行う場合、できれば会社にバレたくないですよね。基本的には良い影響は期待できません。副業を会社にバレずにやる方法を解説します。

会社で副業の話をしない

どんなに気の許した同僚に対しても会社で副業の話をしないことをお勧めします。自分が他の人に話さなくてもふとしたことで広がる可能性があるからです。

住民税を普通徴収にする

住民税の金額の変化で副業がばれる可能性があります。ばれないようにするには年間20万円以内の収入に抑えるか、確定申告の時に自分で住民税を納付する普通徴収にすることでバレずに対応することができます。

SNSの投稿には注意する

SNS上で投稿している情報も情報によっては個人を特定できる可能性はあります。十分注意しましょう。

 

副業はやっても大丈夫?会社視点で副業をやる社員のイメージを解説

今回は、副業について解説しましたが、通常の会社員であれば副業は行った方がよいでしょう。副業の種類によりますが、副業を通して新たな自分の発見、スキルの向上は期待できます。

また収入も得られるので、老後資金の足しにする、贅沢に使うなど、人生において幅が広がります。普段の生活をより豊かにできるきっかけになるに違いありません。

副業は、ぜひやるべきだとお勧めすると同時に会社にはバレないように気を付けましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村