トラックボールマウスで肩こり軽減!仕事の効率化も間違いなし

2021年10月19日

トラックボールマウスで肩こり軽減!仕事の効率化も間違いなし

近年、お年寄りだけでなく若い層も肩こりに悩まされる方は多いでしょう。

肩こりが原因で頭痛につながる方もよく耳にします。ひどい方は、一日動けなくなったり、嘔吐したりと悲惨な状況です。

そんな肩こりの原因は、会社の事務処理、パソコン業務が多いや車の運転が多い、運動不足など理由はさまざまです。

そんな肩こりを軽減できるツールがあるとすれば皆さん興味湧きますよね。

今回はパソコン業務において、トラックボールを使うことで、肩こりを軽減できる可能性について解説します。

肩こりの原因

肩こりの原因はいくつかあります。

それは加齢による筋肉の低下であったり、重い頭を支えている首や肩の筋肉の緊張でしょう。

その筋肉の緊張により、血液の循環が悪くなり、筋肉に十分な酸素や栄養素が供給できす、疲労がたまり、肩こりへつながります。

肩こりを解消する方法はマッサージや接骨院に通って筋肉をほぐす方法はありますが、根本的な原因を解消することが大切でしょう。

トラックボールマウスとは

トラックボールマウスとは通常のマウスのように本体を動かすことでカーソルを動かすのではなく本体に付属されたボールを転がすことでカーソルを動かせるマウスのことを指します。

つまり、ボールを転がすだけの作業で済むため、手首の動作、また手を持ち上げる動作を削減することができます。

またボールを転がして動かす動作は、非常に効率的で少しの動きで素早くカーソルに指示を与えることができるでしょう。

トラックボールマウスで肩こりが軽減される理由

トラックボールマウスを使用することで肩こりが軽減されることが期待できます。

その理由は、手を持ち上げて動かす必要がないので、肩に負担が掛からず肩こりを軽減することができます。

またトラックボールマウスには通常のマウスよりもボタンが多く不随していることが多く、そのボタンにはボタン操作の指示を与えることができます。

例えばエンターキーの役割を与えればわざわざキーボードのエンターキーを押さなくてもマウスのボタンを押せばOKとなります。

さらにCtrl+Cボタンの割り当てをすればコピーの動作を与えることもできるので、格段に作業効率がアップしますよね。

つまり、トラックボールマウスを利用することで作業効率が格段にアップするので、事務処理自体の負担も減らすことにつながります。

それは肩こりを軽減させることにつながるでしょう。

トラックボールマウスで肩こり軽減、仕事効率化のまとめ

今回は、トラックボールマウスを利用することで肩こりを軽減させるお話をしました。

トラックボールマウスを利用することで、余計な腕を動かす動作を削減させることで肩の負担を減らすことが大きなメリットとなります。

またトラックボールマウスは、ボタンの短縮機能が搭載されているので、それを駆使することで結果として作業効率がアップするので肩の負担を軽減できます。

肩こりはマッサージや接骨院でほぐすことも大切ですが、根本的な部分、発生現任である部分の負担を減らす事も大切です。

興味があればトラックボールマウスを利用してみるのみ良いかもしれませんよ。

ロジクール ワイヤレスマウス トラックボール 無線 M575GR M575OW Bluetooth Unifying トラックボールマウス ワイヤレス マウス windows mac iPad 国内正規品 2年間無償保証

価格:6,050円
(2021/7/5 21:44時点)
感想(101件)

トラックボールマウス エルゴノミクスマウス レーザーマウス 有線 6ボタン 有線マウス DPI切替 カウント数切り替え 400/800/1200/1600

価格:3,280円
(2021/7/5 21:45時点)
感想(95件)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村