キャンプ場の探し方ってどうやるの?初心者向けの探し方とコツを解説

2021年10月19日

キャンプ場の探し方ってどうやるの?初心者向けの探し方とコツを解説

昨年のコロナショックから多くの人が自粛ムードに悩まされたことでしょう。その流れからキャンプにハマる人々が激増し、キャンプブームが到来しました。

昔キャンプをやっていたから、せっかくだからまた始めよう!と言う方もいれば、全くの初心者の方も多いことでしょう。

キャンプと言えばテントやギアも大切ですが、まずはキャンプ場を押さえることが大切です。

初心者キャンパーにとっては、どこでキャンプができるのか、どうやってキャンプ場を探すのか、どうやって予約したらいいのか、わからないですよね。

今回の記事では初心者でも簡単にキャンプ場を見つけられる探し方とコツを解説します。

キャンプ場はどこにあるの?

キャンプ場は山や海、湖のふもとなど自然を楽しめるところに多いです。それはキャンプの楽しみ方として自然を存分に味わうことが醍醐味だからでしょう。

「春は桜や小鳥のさえずり、夏は海や川で水遊び、秋は紅葉を楽しみ、冬は星空に感動する」

これこそがキャンプの楽しみ方です。

もちろん他にも家族との楽しい時間、ソロキャンプなら一人でのくつろぎ時間、またはキャンプ飯を楽しむこともあり、人それぞれです。

あと注意する点としては季節によって場所は注意することです。例えば冬に山に行けば雪も降るし、気温も低く、上級キャンパーでないとお勧めできませんので、気を付けるようにしましょう。

 

キャンプ場の探し方1「なっぷ」がオススメ

「なっぷ」はキャンプ場の情報が日本最大級のサイトです。

このサイトを押さえれば、目当てのキャンプ場は見つかるでしょう。

初心者にもやさしくキャンプ場の情報はもちろん口コミもあり、生の情報を得られます。予約もしやすいので初心者キャンパーでも気兼ねなく利用できるのが「なっぷ」の特徴です。

しかし、注意すべき点は、多くのキャンパーが利用しているので、人気のキャンプ場の予約が取れないなんてことが多いです。人気のキャンプ場だと予約できる3カ月先まで全ての休日が埋まっているなんてことはざらです。

その対策としては予約開始と同時に予約をするか、キャンセル待ちとなります。キャンセル費用が発生する前日がねらい目です。つまり、自分が狙っている日にちのキャンセル費用が発生する前の日にキャンセルが発生しないか確認することが効果的です。

また雨の日なんかは比較的に予約が取りやすいのでおススメです。(雨の日のキャンプも中々良いですよ)

https://www.nap-camp.com/

キャンプ場の探し方2「GARVY PLUS」もオススメ

「GARVY PLUS」のサイトは、「なっぷ」ほど有名なサイトではないので穴場のサイトです。情報量は「なっぷ」より少ないですが、選りすぐりの良いキャンプ場の情報が満載です。

特徴として電話での予約が多いのですが、実はこれが重要です。多くの方はネットで予約することになれており、意外と電話での確認を避けます。なので、こちらに載っているサイトは比較的に予約が取りやすい傾向にあるので、ぜひご利用ください。

https://www.garvyplus.jp/

キャンプ場の探し方3「Googleマップ」もオススメ

地図検索と言えば「Googleマップ」ですよね。これは意外と盲点なのですが、「Googleマップ」で「キャンプ場」と検索すれば意外とヒットします。ぜひ試してみてください。

しかし、どのようなキャンプ場かは、しっかりと調査して行ってくださいね。口コミを利用すればある程度のキャンプ場の情報は獲得できるでしょう。

 

キャンプ場の探し方4「知人・友人からの情報」も大切

キャンプ場の情報収集として、知り合いや友人などの交友関係から情報を集めるのも効果的です。意外と最近始めたんだよという方もいれば、昔は良くやっていたんだよという方もいるはずです。

実際にキャンプをやっていた、今やっている人の情報は非常に質の高い情報です。ぜひ、身近にいるキャンパーを探すことをお勧めします。

 

キャンプ場の探し方のコツと方法のまとめ

キャンプ場の探し方の基本としてはネットでの検索、そして交友関係からの生の情報を取ることになるでしょう。

あと問題としてはキャンプブーム到来によるキャンプ場の予約ができない問題に対しては、予約キャンセル待ちか人気のないキャンプ場を開拓、雨の日を狙うなど、いろいろと試してみることをお勧めします。

以上、今回の情報が皆さんの参考になれば幸いです。

 

こちらの記事もおススメです!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村