追加

住宅用太陽光発電の基礎知識だけでなくメリットとデメリットも解説

2022年1月4日

住宅用太陽光発電の基礎知識だけでなくメリットとデメリットも解説

今や多くの家で太陽光発電を設置しているのを見かけます。

また高速道路を走っていても山の上に太陽光発電が設置されています。

それだけ太陽光発電が注目され、その効果に焦点が当たっていることを意味するでしょう。

今回、太陽光発電は設置するべきか考えるにあたって基礎的知識、そしてメリット・デメリットを解説します。

ぜひ参考にしてください。


住宅用太陽光発電の基礎知識

太陽光発電とは太陽光パネルに集めた太陽光のエネルギーを電気に変換する機械です。

再生可能エネルギーとして優秀な太陽光を用いた発電方法なので、地球温暖化などの環境問題対策の一環として非常に注目されている発電方法です。

太陽光発電はパネルの容量によって住宅用太陽光発電なのか産業用太陽光発電なのかに区別します。

  • 住宅用太陽光発電:50kW未満の太陽光発電
  • 産業用太陽光発電:50~2000kWまでの太陽光発電

また2000kW以上の太陽光発電をメガソーラーと呼びます。

住宅用太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電は太陽光を電気に変えたり、環境的な面を見るとメリットばかりに見えますが、デメリットももちろんあります。

デメリットをしっかりと押さえて理解することが大切です。

太陽光発電のメリット、デメリットをそれぞれ解説します。

メリット①「電気代が効率的に削減できる」

太陽光発電は発電した電気を優先的に使用すれば、日中にかかる電気代を抑えることができます。

また電気会社の契約で深夜型にすれば日中の電気代が高いけれども深夜帯の電気代を割安にすることができます。

つまり、日中の高い時間帯は発電した電気を使用し、安い深夜帯だけの電気代消費となれば日々の電気代は抑えることができるでしょう。

メリット②「災害時に心強い」

あまり深くは考えたくありませんが、日本は地震大国と言われるぐらい自信が頻繁に発生します。

地震の際には電気が止まることもしばしばあり、夏や冬には電気が止まれば悲惨な状況です。

そんなときに太陽光発電があれば電気で困ることはなくなるでしょう。

太陽光発電を検討する人の多くは被災時にも困らないことを優先されている方が多いのも事実です。

メリット③「天気が続けば収入になる」

太陽光発電と言うだけに太陽が照ればてるほど発電します。

一年で7~8月が一番発電する時期となります。

発電する量に対し余った電力は電力会社に売却することができるので、その分は収入となるでしょう。

太陽光発電の投資があるぐらいなので、十分に採算が取れる内容だと考えられます。

デメリット①「イニシャルコストが高い」

太陽光発電は決して安くありません。

どれだけの発電量を設置するかで金額も変わりますが、たいてい100~200万円あたりが相場となるでしょう。

この金額はイニシャルコストとして必ず発生します。

デメリット②「採算が取れるかどうかの確約はない」

太陽光発電を検討する際にはシミュレーションを販売会社はしてくれますが、あくまでシミュレーションなので本当に採算がとれるかの確約はありません。

最近ではシミュレーションの精度が高まっているので、問題はないと言われていますが、、、

本当に採算が取れるかは判断がつかない状態なので、しっかりと内容を把握した上、自分で納得ができた段階で検討するようにしましょう。

デメリット③「メンテンナンス費用が発生」

太陽光発電にはメンテナンス費用が発生します。

タイミングとしては15年目単位だと言われています。

なので、15年単位で採算が取れるのかどうかが指標となります。

メンテナンス費用を踏まえて採算が取れるのかどうかしっかりと内容を検討しましょう。

住宅用太陽光発電の基礎知識!メリットとデメリットを解説のまとめ

今回は、住宅用太陽光発電の基礎的知識を解説しました。

太陽光発電は再生可能エネルギーである太陽光を電気に変換する環境的な発電システムで非常に魅力的です。

しかし、その反面イニシャルコストが高かったり、採算が取れるかどうかは確約されません。

なので、しっかりとシミュレーションをし、自分で納得いった上で検討するようにしましょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村