追加

住宅用太陽光発電の需要が高まる理由【2021年】

住宅用太陽光発電の需要が高まる理由【2021年】

住宅用太陽光発電の設置する家がどんどんと増えています。

その理由は光熱費を削減したい、また災害時の緊急対応のため設置している人が多いでしょう。

しかし、住宅用太陽光発電は決して安いものではなく、それゆえに簡単に購入できるものではないです。

今回は、そんな住宅用太陽光発電の需要がなぜ高まるのか、その理由と不安な点を解説します。

ぜひ参考にしてください。



住宅用太陽光発電の需要が高まる理由

住宅用太陽光発電は太陽光を電気に変える環境にもやさしいシステムです。

そんなシステムの需要がなぜ高まるのか解説します。

将来的に電気代が高くなるから

まず1点目の理由としてはコロナウィルスの流行後、在宅ワークが増え、家庭の電気代が増えた家庭が多いと言うこと。

そして2点目は再生エネルギー賦課金が高騰していることです。

再生エネルギー賦課金は再生エネルギーを全国的に普及するために国民全員が電力使用量に応じて費用負担する仕組みです。

2021年度で単価は3.36円/kWhとなっております。

月に10,000円程度の電気代を使用しているとすれば再生エネルギー賦課金は1,200円程度のってくるイメージとなります。

年間14,000円を超えるのでバカにできない金額ですよね。

災害時の緊急対応のため

過去にも地震で電気やガス、水道が止まったなんて話はよく耳にします。

ガスや水道の対応はどうしようもないですが、電気は太陽光発電で賄うことができます。

ライフラインの一つだけでもカバーできれば生活はかなり助かります。

電気があればエアコン、冷蔵庫と言った家電、もちろんスマホも充電できます。

太陽光発電は緊急事態に大活躍しそうですよね。

住宅用太陽光発電の設置費用が下がっている

住宅用太陽光発電の設置費用はどんどんと下がっています。

それはメーカーの技術力が向上していること、また国からの補助があることが多いでしょう。

価格が下がり、設置しやすくなっているので、経済的に余裕があるのなら設置することをオススメします。

 

住宅用太陽光発電の設置が不安な理由

住宅用太陽光発電のメリット部分を多く解説しましたが、もちろん不安な点もあるでしょう。

それらを解説していきます。

住宅用太陽光発電のイニシャルコスト

住宅用対応工発電はやはりイニシャルコストが高いです。

年々安くなっているとはいえ住宅用で100~200万円程度は発生します。

基本的にはローンで購入することになると思いますが、月々の支払いと採算があうのか、しっかりとシミュレーションすることをオススメします。

住宅用太陽光発電のメンテナンス費用

住宅用太陽光発電には定期的なメンテナンス費用が発生します。

だいたい15年周期となりますが、15年もしくは30年でメンテナンス含めて採算が合うかのシミュレーションを行いましょう。

住宅用太陽光発電の需要が高まる理由【2021年】のまとめ

今回、住宅用太陽光発電の需要が高まる理由を解説しました。

今後、電気代がどんどんと高騰していくこと、将来的な災害がこわいと言う点が大きなポイントと言えるでしょう。

そして住宅用太陽光発電を設置する際には、いくつかの懸念点があるので自分がしっかりとなったできる形で進めることをオススメします。

今回の記事が参考になれば幸いです。




にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村