雨の日のバーベキューは楽しめる!雨の日バーベキューを楽しむために必要な道具

2021年10月19日

雨の日のバーベキューは楽しめる!雨の日バーベキューを楽しむために必要な道具

昔から変わらず、バーベキューは多くの人が楽しむイベントの一つです。

屋外でおいしい料理を楽しみながら、家族や友人と楽しい時間を過ごせます。

そんな楽しいバーベキューですが、多くの場合、天気が晴れている状態ですることが多いでしょう。

そんなバーベキューも天気が雨になると中止にしたり、無理やり行ったとしても体が濡れて、体が冷えて、楽しめないなんてこともあります。

しかし、準備さえしっかりとしていれば意外と雨の場合のバーベキューも十分楽しめるものなんです。

今回は、雨の日のバーベキューの楽しみ方から必要な道具を解説します。ぜひ参考にして頂けると幸いです。

雨の日のバーベキューを楽しむために必要な道具

バーベキューを行うのにある程度の道具が必要なように、雨の日だとさらに必要なものが増えます。

晴れのキャンプでも共通して必要なものもありますが、一つ一つ解説していきます。

 

雨の日のバーベキューに必要な道具「テントもしくはタープ」

雨の日のバーベキューには雨除け、また風よけのための拠点が必要不可欠となります。よってテントやタープが必要になるでしょう。

設営に時間をかけてしまうと雨に濡れてしまい気持ちが萎えてしまう可能性もあるので、簡易設営ができるタープがおススメです。

あとはバーベキューを行う人数によってテントやタープの多きさがかわりますが、基本的に大きなものを用意する方が広々と使えるのでおススメです。

それは荷物を余裕もって置くことができるし、風通しもよくなるので、ジメジメした空間をなくすことができるでしょう。

また、雨除けの屋根があるバーベキュー場に行って行うのが一番お手軽なので、近くにバーベキュー場があるなら、そこを利用することおススメします。

雨の日のバーベキューに必要な道具「ビニールシート」

雨の日のバーベキューは地面がぐちゃぐちゃになり、靴や荷物が汚れる可能性があります。

そこで役立つのがビニールシートです。

テントの中にビニールシートを敷くことで、靴を脱げるスペースを作る、もしくは荷物置き場にするなど工夫ができます。

長い時間居座るなら、耐水性が高いグランドシートを利用するのもありです。

雨の日のバーベキューに必要な道具「カッパ」

テントの設営、片付け、移動、この3工程において雨に濡れる可能性があります。

もちろん傘でも問題ないですが、動きやすい、完全に濡れないと言う点を考えるとカッパを着る方が良いでしょう。

服やズボンが濡れた状態ではバーベキューを楽しめない可能性がありますよね。

 

雨の日のバーベキューに必要な道具「長靴・サンダル」

雨の日は地面がぐちゃぐちゃになりますが、移動時、作業時、などにはどうしても靴がよごれます。

そこで長靴やサンダルがおススメです。

靴が濡れていると靴下も濡れてしまい、非常に気持ち悪くなりますよね。

 

雨の日のバーベキューに必要な道具「大きめのビニール袋」

雨の日には道具が濡れます。片付けの際にそのまま放り込める大きめのビニール袋が重宝します。

また車に荷物を放り込むときもビニール袋に入れていれば車も汚れないので助かります。

 

雨の日のバーベキューの楽しみ方のまとめ

今回、雨の日のバーベキューの楽しむために必要な道具を解説しました。それぞれ準備することで雨の日のトラブルを避けることができるでしょう。

しかし、一番大切なのは「雨の日でも楽しむ」と言う気持ちです。

例えば雨の日だと虫も少ないし、雨音も癒し効果があります。また雨の日だから人が少なかったり、いろいろとメリットもあります。

雨の日のバーベキューは手間が増えるけども、どうせなら楽しんでやるぞという気持ちをもってもらうことをオススメします。

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村