お肉が苦手な愛犬のために昆虫食をご提案!食物アレルギー対策にも打ってつけ

2021年10月19日

お肉が苦手な愛犬のために昆虫食をご提案!食物アレルギー対策にも打ってつけ

日本の家庭におけるペットの保有率は年々上昇傾向と言えるでしょう。

それに伴い、飼い主が「ペットも家族の一員だ」という感情を持っていることが当たり前な世の中となっています。

時代の流れとともにペットに向けたサービスがどんどんと普及され、今では動物病院をいたるところで見かけるようになったしペットショップも増えています。

そんなペットの定番と言えば飼い主に忠実な犬が大人気でしょう。そんな家族ともいえる愛犬の健康状態ってやはり気になりますよね。

愛犬の健康状態に欠かせないのが食生活。中にお肉が苦手、好き嫌いがある、という問題を抱えていたり、中にはアレルギーが気になることもあるでしょう。

今回は、愛犬の食事に悩みを抱く飼い主様のために「ヨラドッグフード」をご提案します。

 

ヨラドッグフードのポイント

・お肉が食べられなくても大事な栄養素を摂取できるので健康的

・食物アレルギーを含むものが入っていないためアレルギー対策は完璧

 

それでは、お肉が苦手であったり、食べ物に好き嫌いがある、また食物アレルギーが気になる愛犬のための解決方法を解説します。



愛犬がお肉を食べられない場合の不安点

ごくまれに犬の中にはお肉を食べられない犬もいます。犬にとってお肉は大事な栄養素を含む必要不可欠な食物と言えるでしょう。そんなお肉を摂取しないとどのような影響ができるかピックアップします。

 

・良質な動物性たんぱく質を摂れないため毛並みに悪影響

・生肉には酵素など含まれるため接種しないと口内環境が整えられない

・新鮮な脂肪分やたんぱく質が摂れないため体づくりに悪影響

 

お肉は愛犬にとって体づくりに欠かせない栄養素を含んでいます。決してドッグフードだけ摂取していれば良いというものではありません。実際、ドッグフードの食べる割合が増えれば添加物を多く摂取することにつながるため愛犬の健康に良くないのは一目瞭然です。

 

愛犬にはバランスよく食べ物を与えることが大切だと言えるでしょう。

 

愛犬が好き嫌いをする場合

犬も食べ物に対し好き嫌いをします。特にあまりたくさんの量を食べられない小型犬に限ってそのような傾向がみられます。ではなぜ好き嫌いをするのでしょう。理由をピックアップします。

 

・匂いや味が嫌い

対策:愛犬の好みを探すべくドッグフードを色々試してみる

・食べにくい

対策:ドライフードであれば小さくしたり柔らかくする

・おやつの方が大好き

対策:あくまでご褒美なので、ここは飼い主さんとの根気勝負

・人の食事が大好き

対策:人間の食べ物は高カロリーで塩分多めなので健康に悪いです。愛犬の健康を考えるならば、ただちにあげるのはやめましょう

 

以上、理由を挙げたように何が好き嫌いのポイントかはっきりさせた上、ドッグフードを変えるなど対策が必要になるでしょう。

 

愛犬の食物アレルギーが気になる

近年、愛犬の食物アレルギーが注目されています。食物アレルギーとはペットの食事に含まれる1つ以上の成分に対するアレルギー反応のことを意味します。

一般的なアレルゲンとして牛肉、乳製品、穀類(小麦、穀物、大豆)、鶏肉、卵が挙げられます。愛犬のアレルギー症状として見られるのは掻く、なめる、噛む動作となります。またときには下痢を起こしたりすることもあります。

愛犬がアレルギーで苦しんでいる姿は見たくないですよね。

食物アレルギーの発症には年齢は関係なく、数年間同じものを食べ続けて、突然発生する可能性もあるため油断なりません。

つまり愛犬への食物アレルギー対策としては普段からの食事を注意することにあります。

 

愛犬のアレルギーでお困りならこちらの記事もおススメです

ヨラドッグフードのご提案

愛犬の健康を守るためにご提案できるヨラドッグフードについて解説します。ヨラドッグフードは昆虫由来のたんぱく質を存分にとれるアレルゲン成分をカットした高栄養化のドッグフードと位置づけされます。

昆虫ってたべられるの??って印象があるかもしれませんが、この昆虫由来のたんぱく質から商品化された「ヨラドッグフード」は、実は栄養価が非常に高いんです。

その根拠を説明していきましょう。

 

愛犬の体を守る「ヨラドッグフード」の特徴①

・アレルゲン成分をカット

牛肉、豚肉、小麦、大豆などアレルギーをひきおこしやすいものをカット

・抗生剤、ホルモン剤不使用

・香料・着色料不使用

 

愛犬の体を守る「ヨラドッグフード」の特徴②

・昆虫のみの単一タンパク

相対的にアレルギーの原因になる可能性が低いと言われるたんぱく質

実は肉類よりも栄養価が高い、愛犬の体づくりに必要不可欠な栄養素を含む

・じゃがいもをふんだんに使用

ビタミンCやカリウムを摂取し、愛犬の腸内環境を整える

・豊富な食物繊維オーツ麦

ビタミン、ミネラルを多く含む(アレルギー物質ではありません。)

・奇跡の野菜ビート

マグネシウム、鉄、カルシウムが多く含まれ愛犬の体に嬉しい食材

 

ヨラドッグフードは昆虫由来のたんぱく質が取れる非常に栄養価が高く、またアレルギー物質にも配慮された愛犬の健康作りに特化したドッグフードと言えるでしょう。

 



 

◆まとめ

さて、お肉が苦手であったり、食べ物に好き嫌いがある、また食物アレルギーが気になる愛犬のための解決方法を解説しました。

もう一度ポイントを振り返りましょう。

〇愛犬がお肉を食べられない場合

・良質な動物性たんぱく質を摂れないため毛並みに悪影響

・生肉には酵素など含まれるため接種しないと口内環境が整えられない

・新鮮な脂肪分やたんぱく質が摂れないため体づくりに悪影響

愛犬にはバランスよく食べ物を与えることが大切

〇愛犬が好き嫌いをする場合

・匂いや味が嫌い

対策:愛犬の好みを探すべくドッグフードを色々試してみる

・食べにくい

対策:ドライフードであれば小さくしたり柔らかくする

・おやつの方が大好き

対策:あくまでご褒美なので、ここは飼い主さんとの根気勝負

・人の食事が大好き

対策:人間の食べ物は高カロリーで塩分多めなので健康に悪い

〇愛犬の食物アレルギーが気になる

・食物アレルギーとはペットの食事に含まれる1つ以上の成分に対するアレルギー反応

・一般的なアレルゲンは牛肉、乳製品、穀類(小麦、穀物、大豆)、鶏肉、卵

・愛犬のアレルギー症状として見られるのは掻く、なめる、噛む動作や下痢起こす

・食物アレルギー対策は普段からの食事を注意すること

〇愛犬の健康を守るためのご提案「ヨラドッグフード」

・ヨラドッグフードは昆虫由来のたんぱく質を存分にとれるアレルゲン成分をカットした高栄養化のドッグフード

〇愛犬の体を守る「ヨラドッグフード」の特徴①

・アレルゲン成分をカット

・抗生剤、ホルモン剤不使用

・香料・着色料不使用

〇愛犬の体を守る「ヨラドッグフード」の特徴②

・昆虫のみの単一タンパクなのでアレルギー物質が含まれない

・じゃがいもをふんだんに使用するためビタミンCやカリウムを摂取し、愛犬の腸内環境を整える

・豊富な食物繊維オーツ麦を使用し、ビタミン、ミネラルを多く含む

・奇跡の野菜ビートを使用し、マグネシウム、鉄、カルシウムが多く含まれ愛犬の体に嬉しい食材

以上、今回はお肉が苦手であったり、アレルギー体質、また気にされる飼い主様へのご提案として「ヨラドッグフード」をご紹介しました。

食事は生まれてから死ぬまで続けるもの、また健康を考えるなら食事はこだわるものだと言えるでしょう。

家族の一員である愛犬が健康的で長生きしてくれるための提案として役立てて頂けると幸いです。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

動物

Posted by cabbage