アルパカストーブは冬キャンプにおススメ

2021年10月19日

◆アルパカストーブは冬キャンプにおススメ
キャンプは一年通して楽しみ方がさまざまです。冬キャンプの醍醐味はなんでしょうか?

寒い中で食べるとおいしい鍋料理や冬だからこそ楽しめる星空など冬キャンプは楽しみが満載です。

しかし、冬キャンプには寒さに耐えられるか不安になりますよね。

そんな寒さが不安な冬キャンプに欠かせないのがストーブです。

ストーブには石油ストーブや薪ストーブ、ガスストーブ、電気ストーブがありますが、今回は手軽に使用できる石油ストーブに焦点を当てます。

さらに石油ストーブの中で注目を浴びているアルパカストーブについて詳しく解説します。

◆石油ストーブがおススメの理由

ストーブにはさまざまな種類がありますが、それぞれのメリット、デメリットを述べた上、石油ストーブがおススメの理由を紹介します。

〇石油ストーブ
メリット :火力が強いので暖かく、広い範囲にも効果が期待できます。
燃料が灯油のため1日程度のキャンプであれば5Lもっていけば十分です。
デメリット:石油を別に持っていくので荷物が多くなる。

〇薪ストーブ
メリット :ストーブの中でも一番暖かく、かなり広範囲で暖かい。
デメリット:薪なので一酸化炭素中毒に注意しなければなりません。
また火が消えないように火の管理をしなければならないのが手間でしょう。

〇ガスストーブ
メリット :ガス缶があれば簡単に使用できる。
コンパクトなのでソロキャンプにはおススメ
デメリット:火力が弱いので広範囲で暖かくない。

〇電気ストーブ
メリット :安全性を考えると一番安全。
デメリット:電力がないと使用できなかったり、そこまで暖かくない。

以上のように石油ストーブは灯油さえ用意していれば手軽に使用できる、また広範囲に暖かいので非常でおススメなわけです。

◆アルパカストーブを冬キャンプにおススメな理由をまとめると

〇火力が強いので暖かい

〇非常にコンパクトでかわいい

〇家でも使用できる

〇価格が安い

〇上フタを外して五徳を載せれば鍋料理や湯沸かし可能

〇日本の認証マーク付き(品質安心)

◆アルパストーブの仕様について

重量:約6.6kg
寸法:幅350mmx奥行350mm高さ405mm
容量:3.7リットル
発熱量:3.14KW/h
燃費:0.3L/h
燃料持続時間:約10時間
耐震自動消火装置:有り
付属品:ソフトケース

◆アルパカストーブはどこで買える?

ショップ店で直売していることが少ないです。
(大阪だと唯一、風街道具店さんが販売していました。)

あとはAmazonや楽天、メルカリで購入するしかないでしょう。

ALPACA アルパカ TS-77A 石油ストーブ 灯油ストーブ 小型ストーブ アウトドア キャンプ BBQ 釣り 持ち運び便利 韓国 ソロキャンプ キャンプギア 冬キャンプ コンパクト パワフル 暖房 即日発送

価格:42,800円
(2021/1/2 21:45時点)
感想(0件)

◆アルパカストーブを購入したら一緒に購入すべきもの

アルパカストーブを冬キャンプに持ち運ぶとき、必要になる道具を紹介します。

〇灯油を入れる時に必要

バイク用品 メンテナンスPLOT プロト シリコンジョウゴ クチ17 オイルじょうごPGR0022 4550255139483取寄品 楽天スーパーセール

価格:952円
(2021/1/2 21:51時点)
感想(0件)

〇灯油を持ち運ぶときに必要

【1月11日より発送】送料無料 ヒューナースドルフ Hunersdorff 燃料タンク ポリタンク フューエルカンプロ 10L ウォータータンク 800200 オリーブ 燃料タンク 灯油タンク キャニスター キャンプ 並行輸入 ドイツ アウトドア 水 蛇口タンク 灯油缶 石油缶 災害用タンク

価格:3,600円
(2021/1/2 21:53時点)
感想(13件)

〇一酸化炭素中毒にも念の為、気をつけよう

【レビュー特典】一酸化炭素 警報器 一酸化炭素チェッカー 石油ストーブ ファンヒーター 一酸化炭素中毒 CO検出器 一酸化炭素中毒防止 85dB デジタル表示 キャンプ 家庭用 暖炉 リビング 寝室 部屋 天井 車中泊 災害対策 防災グッズ

価格:2,380円
(2021/1/2 21:57時点)
感想(19件)

https://cabbagerice.com/post-722/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村