多くの水を使う家庭にはウォーターサーバーの水道水型(補填型)がお得?そのメリットとデメリットを詳しく解説

2021年10月19日

多くの水を使う家庭にはウォーターサーバーの水道水型(補填型)がお得?そのメリットとデメリットを詳しく解説

今や一般家庭でウォーターサーバーを設置される方が、かなり多くなってきています。

それは手軽においしい水を得ることができるからでしょう。

手軽においしい水を得ることができれば、料理に使うこともできるし、コーヒーを飲むために使用することもできます。

つまり、暮らしが便利で豊かになることで間違いありません。

そんなウォーターサーバーも種類があり、水道水を利用する水道水型とボトルを都度購入して利用するボトル型があります。

今回は、ウォーターサーバーの種類の解説をしつつ、水道水型がお得なのかどうかについて解説します。

※今回ご案内するウォーターサーバーの水道水は水道水の補填型となります。

ウォーターサーバーは水道水型(補填型)がお得?

ウォーターサーバーにおいて、価格面を評価基準として考えた場合、水道水型にコストメリットがあり、お得だと結論付けます。

それでは、その理由を種類の解説を含めてさせて頂きます。

ウォーターサーバーの種類①ボトル型

ウォーターサーバーのボトル型は、都度、ボトルを購入し、利用する方法となります。

メーカーによっては使用限度があったり、水がなくなり次第、発注しなければならないため、ボトルの在庫を気にしながら利用する必要があります。

ボトルは大体10L以上のボトルとなり、Lあたり100円以上はするので、スーパーで買うのと大差ないイメージとなります。(少々高いかもしれません。)

しかし、その水自体がメーカーのこだわりのある品質のものなので、おいしい水を飲めることに間違いありません。

本当においしい水を手軽に手に入れたい方にとってはボトル型のウォーターサーバーがオススメでしょう。



ウォーターサーバーの種類②水道水型(補填型)

ウォーターサーバーの水道水型は、ウォーターサーバーに付随しているボトルへ水を投入することで、おいしい水を飲むことができます。

水道水型はサーバーレンタル費用さえ支払っていれば、あとは水を投入すればいくらでもおいしい水を飲むことができるのが特徴です。

ただし数か月に1回フィルターの交換が必要となります。それ以外の手間は基本的には発生しません。

ウォーターサーバーの水道水型は、多くの水を利用される方にとって、いくらでもボトルに足しこんで飲むことができるので、非常に高いコストパフォーマンスでしょう。



 

水道水型(補填型)ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーの水道水型(補填型)にはメリットがあれば、もちろんデメリットもあります。

それらをしっかりと把握した上、自分にあったウォーターサーバーを選択するようにしましょう。

水道水型(補填型)ウォーターサーバーのメリット

水道水型(補填型)ウォーターサーバーの一番のメリットは、水道水を補填するだけで簡単においしい水を飲めることです。

使用制限もないので、水道水の補填さえ忘れなければ、ずっと利用することができるでしょう。

家族が多くて大量の水を使用される方にとってはかなりお得なサービスとなります。

費用もサーバーのレンタル台のみとなるので、だいたい月額3000~4000円程度のサービスが多いため、それ以上に費用が膨らむこともありません。

水道水型(補填型)ウォーターサーバーのデメリット

水道水型(補填型)ウォーターサーバーのデメリットは、ボトル型と比較し、水を購入するわけではないので、メーカーごとのこだわりの水ではなく、あくまで水道水なので、水のクオリティーは劣るかと考えられます。

水にこだわりのある方にとっては少し物足りない品質かもしれないので、しっかりと試されることをオススメします。

 

ウォーターサーバーの種類の解説をしつつ、水道水型がお得なのかのまとめ

今回は、ウォーターサーバーの種類の解説をしつつ、水道水型がお得なのかどうかについて解説しました。

お水をたくさん使われる方にとっては水道水型(補填型)のウォーターサーバーにコストメリットがあると結論付けます。

理由としては、お水の使用制限がなく、月額はウォーターサーバーのレンタル費用のみなので、月当たりで発生する費用の目安がつきやすいです。

多くの水を利用する方でウォーターサーバーを検討される方がいれば、ぜひご検討ください。

この記事が参考になれば幸いです。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村