ウォーターサーバーは安い方が良い!?安さを求めたおすすめサーバーの種類を紹介

ウォーターサーバーは安い方が良い!?安さを求めたおすすめサーバーの種類を紹介

一家に一台あるのではないかと思うウォーターサーバーですが、実は大きく3種類存在します。

その種類によっては水の味、月額などそれぞれ異なります。

毎月発生する費用は少しでも抑えたいものです。

今回は、費用をできる限り抑えるためにおすすめのウォーターサーバーを紹介します。

ぜひ参考にしてください。

 

ウォーターサーバーの価格帯

ウォーターサーバーはいつでも冷水、温水、そして常温水を選択しておいしい水を飲めるのが一番のメリットです。

そんなウォーターサーバーはメーカーそして種類によって価格が大きく変わってきます。

基本的な機械台は月額3,000~5,000円程度です。

そして水を購入しなければならないボトル詰め替え型は使用する水の量により、大きく金額が変更となります。

その反面、水道水ろ過型タイプや水道水一体型なら水道水が原料となるので、使いすぎてもあまり気にならないでしょう。(月額は機械台のみ)

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーには大きく3つの種類が存在します。

それぞれ冷水、温水、ときには常温水を対応できるのが非常に便利で重宝されています。

それではサーバーの種類を紹介します。

ボトル詰め替えタイプのメリット・デメリット

ウォーターサーバーと言えばボトル詰め替えタイプと言うぐらい多くの人に認知されているタイプでしょう。

メーカーごとに用意されているこだわりの天然水を飲めるのが特徴的です。

【メリット】

・メーカーごとに用意されているこだわりの天然水が使用できる

【デメリット】

・詰め替え時に重たいボトルを機械にセットしなければならない

・水の量を常に管理しておく必要がある。(在庫管理)

・使用すればするほど費用がかかる


水道水ろ過タイプのメリット・デメリット

水道水ろ過タイプは機械に水道水を投入し、それをろ過した水を使用することができます。

水道水が原料なので、在庫切れをなくすことがないので便利です。

【メリット】

・水をたくさん利用しても水道代で済むのでコストパフォーマンスに優れている

・在庫管理の必要がない(原料が水道水なので)

【デメリット】

・ベースが水道水



水道水一体型タイプのメリット・デメリット

水道水一体型タイプは水道に機械を一体化させ。おいしい水を手軽に飲めるようにしたサーバーです。

水道水の補充も必要ないので非常にお手軽なタイプでしょう。

【メリット】

・水道水の補填が必要ない(在庫管理の必要もない)

【デメリット】

・ベースが水道水

・初期費用が高い


コストパフォーマンスで選択するなら水道水ろ過タイプ

ウォーターサーバーの水道水ろ過型タイプだと大量の水を使用しても一定金額なので金額面でおすすめです。(水道水は発生しますが、、、)

逆にボトル詰め替えタイプは使えば使うほど費用がかさむので注意が必要でしょう。

 

ウォーターサーバーは安い方が良い!?おすすめサーバーの種類を紹介のまとめ

ウォーターサーバーの費用をできる限り抑えるべくおすすめのサーバーに関して内容をまとめました。

それではここでおさらいです。

 

〇水道水ろ過型タイプの特徴

・水道水を原料としているので、大量に使っても水道代のみ

・在庫管理は必要なし(水道水なので)

・水道水なので、天然水のようなおいしさはない

 

以上、今回の記事が参考になれば幸いです。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村