段ボールケースの材質はどんな段種があるのか?

2021年10月19日

段ボールケースの材質はどんな段種があるのか?

段ボールケースにはどれぐらいの重さの物をいれるか、何を入れるかなどの条件で材質を選定します。その材質によって大きく強度がかわるため、安全に物を目的地まで運ぶための梱包材として本当に大切な商材と言えます。

そんな段ボールケースの材質にはどのようなものがあるのか、どのようにして選択するのかポイントがあります。今回はその段ボールケースの材質を選定するためのポイントを解説します。

段ボールシートの厚み

段ボールケースは元々シート状の物からケースの形状に加工され貼り合されます。このシートの段階で厚みの選定をされます。一般的なもので大きく3種類のフルート(厚み)があります。

 

Aフルート

段ボールの厚みが約5mm(正確には4.5~4.8mm程度)あります。Aフルートの見分け方は厚みを見て5mmであればAフルートだと判断して問題ありません。このAフルートはミカン箱(A式ケース)の材質として使用されることが非常に多いです。

Bフルート

段ボールの厚みが約3mm(正確には2.5~2.8mm程度)あります。軽量、小型の商品を梱包するケースとして使用されることが多いです。また完成品のケースとしても使用されることが多い傾向にあります。

Wフルート

段ボールの厚みが約8mm(正確には7.75mm程度)あります。より強度が必要な重量物を梱包するケースが必要な場合、この材質が重宝します。

 

今日はここまで、、、

 

段ボールの歴史を知りたいならこちらもおススメです!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村