新型コロナウィルスのワクチン接種を悩んでいませんか?抗体検査をすることも一つの方法

2021年10月19日

新型コロナウィルスのワクチン接種を悩んでいませんか?抗体検査をすることも一つの方法

新型コロナウィルスが流行りだして1年以上となりますが、まだまだ収束の目途が立ちませんよね。そのような中ようやくワクチン接種が進み始めています。

ワクチンを接種すれば新型コロナウィルスは恐くないという意見もあれば、ワクチンを接種することでの副反応が恐いと言う意見に分かれています。このような異常事態が発生した際には様々な情報が飛び交い混乱を招きます。こういうときだからこそ正しい情報を正確に掴み、的確に判断することをお勧めします。

今回の記事では、新型コロナウィルスのワクチンを接種するかどうか悩まれている方に対して、まずは抗体検査を検討してみるのもありだと言うご提案する内容となります。

ぜひ、参考にしてください。

新型コロナウィルスとは

新型コロナウィルスは、新種の感染症です。その症状は人によって様々ですが、基本的には発熱、空咳、倦怠感が挙げられます。その他には喉の痛み、結膜炎、頭痛、味覚や嗅覚の障害も例として挙げられています。さらに重症化すれば呼吸困難、胸の圧迫感など深刻なものもあるでしょう。

新型コロナウィルスは感染者のウィルスを吸い込んだり、汚染されたものに触れてから自分の目、鼻、口に触れたりすることで感染する可能性が高まります。

新型コロナウィルスは軽度から中程度の症状であれば特別な治療を受けずに回復しますが、一部の方で重症化することもあるので深刻な感染症として世間を騒がしています。

 

新型コロナウィルスのワクチン接種による副反応

新型コロナウィルスのワクチン接種をすることで様々な副反応が発生すると言われています。打った手が痛くて上げられない、発熱、倦怠感、アナフィラキシーショック、最悪の場合、死亡などが噂されています。死亡に関してはワクチン接種との因果関係がないと厚生労働省のHPでも報告されているので安易に結びつけるのは良くないでしょう。

国が報告している内容を把握する意味合いでも厚生労働省のHPを確認することをお勧めします。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_hukuhannou-utagai-houkoku.html

 

新型コロナウィルスの抗体検査とPCR検査の違い

それでは新型コロナウィルスの抗体検査とPCR検査の違いについて解説します。

新型コロナウィルスの抗体検査について

新型コロナウィルスの抗体検査とは、過去に新型コロナウィルにかかり抗体を持っているかどうかの検査となります。検査方法は血液検査となるので血液採取後、30~60分で検査結果がわかります。

新型コロナウィルスの抗体検査はIgM抗体とIgG抗体の2種類を検査します。IgMは過去一週間以内に感染した可能性が高いと考えられ、IgGは過去数か月以内に感染した可能性が高い状態だと言われています。

新型コロナウィルスの抗体検査の結果、どちらも陰性だった場合に関しても完全い否定するものではなく、あくまで今は抗体がない状態で過去に感染した可能性は否定できません。

新型コロナウィルスのPCR検査について

新型コロナウィルスのPCR検査とは感染してから発祥する数日前より検出可能で、主に体内にウィルスが存在するかの確認ができます。

検査制度は約70%と言われ、コロナウィルスにかかっていても陰性になる可能性もあります。

【ネコポス送料360】 のぼり旗 PCR検査キット/新型コロナウイルス抗体検査のぼり 2H12 医療・福祉

価格:1,298円
(2021/7/8 22:35時点)
感想(0件)

新型コロナウィルスの抗体検査をするメリット

新型コロナウィルスの抗体検査をすることで、もし陽性だと判断されれば抗体をもっていることにつながります。つまり、ワクチン接種をすぐにしなくても良いので周りの動向や状況を焦らず確認することができるでしょう。

新型コロナウィルスに対する新たな知見が発表されたり、ワクチンも急いで摂取しなければ自分の好きなメーカーを受けられるまで待つなど判断に余裕ができるでしょう。

 

新型コロナウィルスの抗体検査をするべき考え方のまとめ

今回は新型コロナウィルスのワクチン接種に悩んでいる方に向けた記事となりました。このような異常事態ゆえにいろんな情報が出回り、どの情報が正しいのか判断がつき辛い状態だと考えます。

判断する期間が少しでも伸ばせれば、その分精度が高い判断もできるはずだと考え、今回、新型コロナウィルスの抗体検査をお勧めしました。

新型コロナウィルスのような内容は、非常にデリケートで言い切った表現、偏った考え方の内容を安易に書けない難しい内容となります。この記事が参考になれば幸いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村