会社にバレずに副業をする方法や注意点を解説!

会社にバレずに副業をする方法や注意点を解説!

近年、副業が認められる世の中となり、副業がしやすい環境が整ってきました。

とはいえ、未だに副業を許さない企業、また副業をよく思わない会社は存在します。

そんな会社に対して副業を行っているのはバレたくないものです。

副業が会社にバレることで、例えば上司からの当たりが強くなる、回りが悪い噂をする、定時で帰り辛くなるなど悪いことを考えればきりがありません。

今回は、会社にバレずに副業をする方法、その注意点を解説します。

ぜひ参考にしてください。

会社に副業がバレる原因

会社に副業がバレる原因はそもそも何なのだろう。

原因がわかれば、その対策も見えてくるはずです。

まずは原因について考えていきましょう。

同僚から周りに拡散される

会社に副業がバレる場合に圧倒的に多いのが同僚から周りに拡散されることです。

信頼できる同僚であっても、その同僚がポロっと誰かに言う可能性は0ではありません。

また逆に副業して稼いでることを妬んで拡散されると言うパターンもあります。

基本的に会社にバレたくないのであれば信頼できる同僚でも話さないこと徹底するべきでしょう。

副業をしているところを見られる

副業を家で行っているならバレることはないでしょうが、屋外や会社のテリトリーなどで作業をするような副業であればバレる危険性が高いです。

副業の種類によってはバレる可能性を考え、仕事内容自体にも注意して選択しましょう。

会社の近くのショップ店、コンビニなどは論外です。

副業の稼ぎで住民税が増える

副業で稼ぎが増えた場合、住民税が加算されます。(一つの指標として年間20万円以上)

会社の経理はある程度、住民税を把握しているので、想定外の金額の請求がくれば違和感が発生し、副業がばれることもあるでしょう。

会社に副業がバレないための根回しや注意すべき点

会社に副業をバラさないために必要な行動があります。

いくつかポイントがあるので、参考にしてください。

副業分の住民税は個人宅へ送付

会社に副業がバレる原因で住民税が増えるパターンを提示しましたが、副業での稼ぎと本業での稼ぎに課せられる住民税を分けて請求してもらうことができます。

方法としては確定申告時に住民税を分けて請求に印をつければOKです。

社内の人間には誰も言わない

会社に副業がバレる原因№1でもある同僚からの拡散は一番危険です。

社内の人間には絶対に言わないことをオススメします。

とはいえ、副業での稼ぎは誰かに話したいですよね。

例えば家族であったり、友人、副業のコミュニティーなど違う環境で話するように心がけましょう。

SNSの投稿に注意

副業がバレる可能性の高い理由としてSNSの投稿にも注意ください。

普段の何気ない副業の作業状況など投稿することで会社の人間が見る可能性も0ではありません。

SNSに投稿する際は十分に注意しましょう。

例えば別垢を作成して、会社の人間にはバレないアカウントで投稿するのが良いですよね。

金遣いに注意

副業の稼ぎが増え、金遣いが荒くなると周りで見ている人間は意外と気づく可能性があります。

ましては同じ会社の人間であれば凡その年収を把握し合っている中なので、急にブランドものを購入したり生活スタイルが派手になれば副業に気づかれるかもしれません。

お金の使い方には注意しましょう。

会社にバレずに副業をする方法や注意点を解説のまとめ

今回は会社にバレずに副業を行う方法、そして注意点を解説しました。

基本的なこととしては副業をしていることを会社の人間に話さないことです。

そして副業の稼ぎが増えた際に住民税が増えるので、副業分の住民税は分けて請求されるように段取りさえすれば問題ありません。

大きくはこれらの点を守れば問題はないでしょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村