FIRE(早期リタイア)を目指すために!節約の仕方を徹底解説

FIRE(早期リタイア)を目指すために!節約の仕方を徹底解説

自由に気ままに暮らしたい!と言う考えからFIRE(早期リタイア)に憧れる人はきっと多いですよね。

そんなFIREは収入を増やすこと、資産を運用することに目が行きがちですが、実は得た資金を使わず貯める節約が大切です。

節約の仕方がわかれば、おのずとFIREに近づけるはずでしょう。

今回はFIRE(早期リタイア)を目指すために大切な節約の仕方について徹底解説します。

ぜひ参考にしてください。

FIRE(早期リタイア)を目指すには節約が大切

FIRE(早期リタイア)を実現する方法として「収入増加+節約+資産運用」が大切です。

この3つのバランスを保つことでFIREの実現に近づけるでしょう。

しかし、多くの方は収入増加と試算運用に目が行きがちで節約がおろそかになります。

そうなると例えば収入が増加した場合、多くの方は増えた分使ってしまうので、結果的に資産運用へ回すお金が十分たまらなくなるでしょう

収入が100万増えた場合、100万円まるまる資産運用に回すことができればベストですが、まずは貯蓄率を下げない努力、意識付けをしましょう。

 

まずは支出の分析

節約をするには日々の支出を抑えていく必要があります。

実際、日々の買い物で、我慢する、節約していくのは大切なことですが、かなりのストレスです。

こういう場合は固定費を削ることが大切でしょう。

固定人は毎月自動で引き落とされる支出を意味しており、電気代、携帯代、サブスクリプション関係もそれに当たるでしょう。

固定費を削減するメリットは何よりも継続的に効果が持続することにあります。

節約を成功させるには、まずはこの固定費にメスを入れることが何よりも大切です。

固定費を減らす方法

固定費を削れば継続的に効果を持続することができます。

それではどのように進めればよいか検討しましょう。

クレジットカードの明細を確認

固定費は自動的に引き落とされる支出です。

つまりクレジットカードの明細を見れば現状を把握できます。

まずは家計の10%程度の支出を抑えるために固定費を削る努力をしましょう。

Ex)月収30万なら3万円分の支出を減らせるか検討

いらない契約は解約する

固定費削減で、まず検討するのは解約できるサービスがないか確認しましょう。

・自分にとって必要のない保険

・使わなくなったサービス

・必要のない会員(会員費用がかかるもの)

解約できれば必要のない支出がなくなるので、大きな節約へつながります。

安いプランに乗り換え

次に必要だけども契約内容の変更や、他社サービスへ移り変わることで大きな支出削減になることもあります。

プランの切り替えとなると本当に安くなるかの検証や分析が必要になるので、手間がかかりますが、根気よく確認しましょう。

 

安いプランへ乗り換え方法や工夫

ここでいくつか筆者の経験をもとにいくつかオススメ節約のプランを紹介します。

通信費は毎月発生するバカにできない大きな支出です。

これを抑えることができれば大きな節約へつながります。

携帯サービスを格安スマホに切り替えることで2台で月額1万円程度発生していたのが1,000円程度になったし、Wi-Fi環境も会社を変えたことで費用だけでなく通信速度が速まりました。

少し調べると今よりも良いサービスで安く提供されていることもあるかもしれません。

稀なケースかもしれませんが、これだけ費用が節約できるとなると分析したり、調査するのも苦ではないですよね。

ぜひ参考にしてください。

◆オススメ 楽天モバイル


◆オススメ通信サービス(Wi-Fi) NURO光


FIRE(早期リタイア)を目指すために!節約の仕方を徹底解説のまとめ

今回は、FIRE(早期リタイア)を目指すために節約方法を解説しました。

多くの方が目をふさぎがちの節約ですが、月々1万円できるだけで年間12万円のお金が貯金できます。

それが10年続くと120万円です。

当たり前のことですが、バカにできない金額ですよね。

その積み重ねがFIREへつながる道だと思うので、収入増加、資産運用も大切ですが、節約意識も高めるようにしましょう。

この記事が参考になれば幸いです。

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村