追加

段ボールが注目される時代!パレットは段ボールパレットも検討すべき理由を解説

段ボールパレットと言う選択肢も有り!?

近年、SDGsの兼ね合いなどで段ボールに注目が集まっています。

そもそも数年前から段ボールは環境的だと言われ興味を集めていましたが、実際はプラスチックや木から段ボール素材に切り替わることがありませんでした。

それは性能や耐久力、そしてコストなどの問題がハードルとして立ちはだかったからでしょう。

しかし、ここ一年で状況が大きく変わってきて段ボール素材への期待が高まっています。

今回は段ボールが注目される時代とは!段ボールパレットが活躍する世の中について解説します。

ぜひ参考にしてください。

なぜ段ボールが注目されるのか?

段ボールの原材料は「段ボール原紙」と接着用の「糊」が主な構成となっています。

特に原紙は100%に近い状態でリサイクルされているので、非常にエコな商材として注目が集まっています。

近年、SDGsの取り組みが開始される中、サスティナブル(持続可能)であることを重要視される時代となってきました。

段ボールは処分されるとまた段ボールとして生み出されるサイクルが確立されているため、まさにサスティナブルな商材として優秀だと言えるでしょう。

各パレットの処分方法について

段ボールはリサイクルに強い商材で、段ボールを処分の際には場合によっては買い取ってくれるような商材です。

それでは他の商材はどうなのか見ていきましょう。

プラスチックパレットの処分方法

プラスチックパレットは産業廃棄物の廃プラスチックとして処分の必要があります。

処分する際は産業廃棄物処理業者に処分を依頼する必要があります。もちろん費用が発生することとなります。

しかしプラスチックパレットは耐久性も高いので送付された場所で使用されることが多いようです。

木製パレットの処分方法

木製パレットにおいても処分は産業廃棄物処理業者にお願いをする必要があります。

それに伴い費用が発生することとなるでしょう。

また木製パレットは耐久性があるもののカビがはえたり、虫がわく可能性もあるため長く保管し続けることにリスクがあるため、近年、木製パレットでの納品を断る、もしくは嫌がる会社が増えてきています。

プラスチックパレットと木製パレットの処分時に注意すべきこと

プラスチックパレットと木製パレットはともに産業廃棄物として、キチンとした処理を行わなければなりません。

不正処分をすることで、罰則、罰金などもあり得るので十分注意が必要でしょう。

会社のロゴが入ったパレットが知らぬ間に山に捨てられて、罰金になるなんてこともあるので注意がひつようです。

信頼できる産業廃棄物処理業者にお願いし、処分の「マニフェスト」(証明書のようなもの)を用意してもらうことを忘れずにしましょう。

段ボールパレットがおすすめな場合

プラスチックパレットと木製パレットが処分の際に手間がかかり、処分の費用が発生することがわかりました。

つまり、処分に手間や費用をかけたくない状況であれば段ボールパレットがおすすめです。

特に木製パレットの場合、回収できなければ処分するので費用を請求されるなんてケースも増えてきています。

あとは強度面や耐久面、基本的にワンウェイの環境であれば、段ボールパレットに切り替えていける可能性が高まるでしょう。

まとめ

今回は段ボールが注目される時代とは!段ボールパレットが活躍する世の中について解説しました。

環境的な商材として段ボール商材に注目が集まっていましたが、中々切り替わらなかった状況がついに風向きが変わりました。

その主な要因が木製パレットの処分に手間がかかり、そして費用が発生すると言うことです。

また荷物の受け手となる会社が木製パレットを嫌がることも増えてきています。

つまり、それらすべての問題を解決するのが段ボールパレットでしょう。

段ボールパレットの処分は逆に買い取ってくれることもあるので費用が発生しません。

もちろん強度面、対球面は懸念点としてあるので、条件が合う場合は、段ボールパレットを取り入れる方がメリットとなるでしょう。

パレットを検討の際には、これからは段ボールパレットもぜひ検討しましょう。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村ランキング